岡崎市は、人口も都市としての発達具合もそこそこの平和な町です。

岡崎市美術博物館

「見る」といったら、美術鑑賞ではないでしょうか。アクティブに体を動かしたくないときは、何かを鑑賞するなどして、リラックスするのはいかがでしょうか。岡崎市美術館は、中央総合公園の大きな敷地内に併設されています。美術価値の高いものイベントが、よく開催されます。横山大観、東山魁夷、世界テディベア展、ドールハウス展、愛知県の有名美術家の作品展などなど岡崎でこんな作品きちゃうの?という感じのものもよく来ます。また、最近では「旧本多忠次邸」が、美術館近くで復元されていますので、岡崎市美術館にお立ち寄りの際は、そちらもあわせて行くのがオススメですよ。旧本多忠次邸は、旧岡崎藩主本多家(本多忠勝)の子孫にあたる本多忠次が、1932年に、東京都世田谷区に建てた住宅と壁泉の一部を移築し復原したものなんですよ。

映画館

「見る」といったら、やはり映画館と思うのは私だけでしょうか。岡崎市には、映画館がない時代があったのですが、イオンとウイングタウンという大型ショッピング施設内に映画館が出来たことで、映画館がない時代は終わりを迎えました。65歳以上のお客様、レイトショー割引、曜日によりますが、レディスデイ割引など、さまざまな割引がありますので、そういった割引を上手に利用して、映画館へいくとリーズナブルに映画鑑賞をすることができます。どちらの施設もまだ、出来て間もないのでとてもきれいですし、もちろん設備としてもよいです。ただ、映画館ってどうやって元を取れているかわからないくらい近年は利用者が少ないような気がします。1映画20人以上いるのを見たことがありません。私は、スターウォーズとか映画館で見たい映画をもう一度上映してくれないかなと常々思っています。